日本小児循環器学会雑誌 Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery

Online ISSN: 2187-2988 Print ISSN: 0911-1794
特定非営利活動法人日本小児循環器学会 Japanese Society of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery
〒162-0801東京都新宿区山吹町358-5アカデミーセンター Japanese Society of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery Academy Center, 358-5 Yamabuki-cho, Shinju-ku, Tokyo 162-0801, Japan

投稿はこちらへ (リンクは別ウィンドウで開きます。)

査読手順
  • 査読手順
    査読過程をより確実で迅速なものにするために、日本小児循環器学会雑誌では、編集委員によるAssociate Editor制を採用している。
    1. 投稿された論文が編集室に届くと、編集部とChief Editorはまず小児循環器学会雑誌に掲載されるにふさわしい内容かどうか、また論文の形式をなしているかどうかの判断をする。
    2. 次にChief Editorは論文の内容に詳しい1名のAssociate Editorを指名する。
    3. 指名されたAssociate Editorは、論文の内容に詳しい2名のReviewerを主に学会評議員の中から選定する。論文の内容によっては、学会会員以外の専門家にReviewerを依頼することもある。
    4. 指名された2名のReviewerは査読を行うが、AuthorとReviewerのやり取りが適切に行われているかどうかはAssociate Editor(およびChief Editor)が責任を持ってcheckする。
    5. 2名のReviewerの採否判定が大きく分かれた際には、Associate Editorは第3のReviewerを選定することがある。
    6. Reviewerにより、公正な査読が行われる。この間にAssociate Editorが査読に関与し、Authorに原稿の改編を求めることもある。
    7. Associate Editor はReviewerから返された意見と、改訂された論文の内容によりacceptかrejectかの判断をし、Chief Editorに報告する。
    8. Chief Editorは、ReviewerおよびAssociate Editorからの意見を参考に、acceptかrejectかの判断をする。
    9. Accept(もしくはreject)された論文は、mail配信もしくは編集委員会によりAssociate Editor全員で確認する。この際にはReviewが適切に行われたかどうかも確認する。
    10. 編集部(出版社)により論文の最終編集がなされ、出来上がった原稿は、authorによる確認がなされる。
    11. これらの作業がすべて終わったら、電子ジャーナルとして発刊する。
  • 査読の流れのフローチャート
他論文からの図表の引用
自著および他著に関わらず、他の論文から図表を引用する場合は、著者があらかじめ出版社から転載許可を得て日本小児循環器学会雑誌編集部に提出する。この際に転載に関連する費用が発生する場合は、原則著者の負担とする。
図の作成
日本小児循環器学会雑誌編集部では、原則として作図の依頼は受けない。やむを得ず作図を希望する場合には、あらかじめ編集部に依頼することができるが、作図に要する費用は全額著者の負担とする。また作図を依頼した場合、受理されてから発刊までの時間が遅れることを著者は受諾する必要がある。
投稿論文についてのお問合せ
日本小児循環器学会雑誌編集室
(株)国際文献社
E-mail:pccs-edit@bunken.co.jp
TEL:03-5389-6492

This page was created on 2014-04-21T17:13:56.11+09:00
This page was last modified on 2014-04-21T17:13:56.11+09:00